ポイントサイトは税金を払った方がいい?電子マネーやギフト券に交換した場合は?

ポイントサイトは税金を払った方がいい?電子マネーやギフト券に交換した場合は?

ポイントサイトを利用している人の中には、月に数十万円以上稼いでいる人もいます。

ただ、ある程度稼げるようになると、税金を支払う必要が出てきます。

今回はポイントサイトと税金の関係について説明します。

ポイントサイトで得た収入は「雑所得」扱い

ポイントサイトで得た収入は「雑所得」扱い

ポイントサイトで得た収入は給与ではなく、報酬として受け取ることになるので「雑所得」扱いとなります。

いくら稼いだら確定申告の必要があるの?

いくら稼いだら確定申告の必要があるの?

稼いだ額によって、確定申告が必要かどうかは変わってきます。

副業の場合

副業でポイントサイトを利用している場合(会社員などの給与をもらっている方)は、年間で20万円以上稼ぐと、確定申告が必要になります。

ゲームや広告利用、ショッピング還元など、ポイントサイト内で稼いだ手段はどれであっても、年間20万円以上ポイントサイトで稼げば課税の対象となります。

専業の場合

学生や主婦、ニートの方がポイントサイトを利用している場合、年間で38万円以上稼ぐと、確定申告が必要になります。

ポイントサイト内で稼いだ手段に問わず、年間38万円以上ポイントサイトで稼げば課税の対象となります。

課税の対象になるのは売上ではなく「所得」

課税の対象になるのは売上ではなく「所得」

課税の対象になるのは売上ではなく「所得」になります。

所得は、「売上-経費」で求めることができます。

ここで言う経費というのは、ポイントサイトを利用するのに必要となったお金のことです。

例えば、ポイントサイトを利用する為には、インターネットに接続しなければならないので、インターネット通信費を経費として計上させることが可能です。

サラリーマンの方がポイントサイトを利用する場合、年間「20万円」以上の所得で確定申告をする必要がありますが、

仮に、年間売上が「21万円」だったとしても、年間経費が「2万円」だったとしたら

所得は「21万円-2万円=19万円」となり、確定申告をする必要が無くなります。

どんなものが経費になる?

どんなものが経費になる?

ポイントサイト利用で経費になり得るであろうものは、主に以下のものになります。

・レンタルサーバー代
・ドメイン代
・パソコン購入費
・スマートフォン購入費
・インターネット代

上記はあくまでも一例です。

全ての人が、上記の項目全てが経費になるわけではありませんし、その他にも経費になるものはあるでしょう。

そして、気をつけなければならないのが、経費には100%経費になるものと100%ならないものがあるということです。

例えば、インターネット代や電気代は、ポイントサイトのためだけに利用しているわけではありませんよね。

総使用時間の何割をポイントサイトで使ったかを考える必要があります。

ただ、大体3割くらいで計上しておけば問題無いでしょう。

例えば、年間インターネット代が「30,000円」だったとしたら、「30,000円×0.3=9,000円」を経費として計上すればOKです。

領収書やレシートはしっかりとっておこう!

領収書やレシートはしっかりとっておこう!

領収書やレシートは、経費の証明となるので、しっかりとっておくようにしましょう。

ただ、銀行振込の場合は、通帳の記載が証明となるので、領収書は無くても大丈夫です。

いつ税務調査が入ってもいいように、こうした支払いの証明書は、7年間分は保管しておくようにしましょう。

ポイント交換しなければ課税の対象にならない?

ポイント交換しなければ課税の対象にならない?

ポイントサイトでポイントを獲得しただけでは、課税の対象とはなりません。

獲得したポイントを、換金したり電子マネー等に交換した時点で、課税の対象となります。

つまり、ポイントを交換さえしなけば、20万円だろうが100万円だろうがポイントを貯めたとしても、確定申告をする必要は無いということです。

ポイントを交換しなければただの数字にすぎないため、収入とはなりません。

電子マネーに交換した場合も課税対象になる?

電子マネーに交換した場合も課税対象になる?

ポイントを、電子マネーやギフト券に交換した場合も課税対象になるかと言うと、正直グレーゾーン的な感じはしますが、基本的に雑収入として扱われると思った方がいいでしょう。

電子マネーやギフト券は、現金同等の価値がある為、収入として扱われると思っていた方が無難です。

しっかりと確定申告を

しっかりと確定申告を

「ネットでちょっと稼いだだけだし、黙っててもばれないだろう」

なんて思っていませんか?

そんな風に思っている方は要注意です。

税務署は入出金記録をしっかりと監視していますので、確実にばれます。

実際、確定申告漏れを摘発されるケースは多発しています。

摘発されてしまうと、通常支払う予定だった金額よりも多額の税金を支払わなければならなくなる等の、ペナルティが科せられます。

「自分は大丈夫だろう」なんて思わず、税務署は常に監視しているという意識を持って、しっかりと確定申告をして税金を納めるようにしてください。

納税は国民の義務です!!

当サイト一押しポイントサイト

ポイントインカム

暮らしをおトクにかえていく|ポイントインカム
運営会社ファイブゲート株式会社
ポイントレート10ポイント=1円(1ポイント=0.1円)
最低交換可能金額500円~
交換手数料無料~
交換可能上限なし
ポイント有効期限最後にポイントを取得した日より6ヶ月
(会員資格停止の可能性あり)
公式サイトURL https://pointi.jp/
ポイントインカムは、恒久的ランク制度を設けているので、一度ランクを上げれば、その後何もしなくてもランクが下がることはありません。

永久的に、広告を利用時に会員ランクによるボーナスポイントが上乗せされてポイントが付与されるのでかなりお得です。

一時的に高還元率に設定されている広告や、利用するだけで500ポイントがもらる案件など、「キャンペーン専用ページ」も用意されています。

かなり稼げるポイントサイトなのでメイン利用にも最適ですよ。

1分で登録は済むので、早速登録して利用してみましょう!

「ポイントインカム」公式サイト

i2iポイント

i2iポイントサイトへのご招待です♪
運営会社株式会社エムフロ
ポイントレート10ポイント=1円(1ポイント=0.1円)
最低交換可能金額400円~
交換手数料無料~
交換可能上限なし
ポイント有効期限最後にポイントを取得した日より12ヶ月
(会員資格停止の可能性あり)
公式サイトURL http://point.i2i.jp/
i2iポイントは、実にユニークなポイントサイトです。

「ベストポイント」コーナーには、他社ポイントサイトと比較して一番高い還元ポイントを実現した案件だけが掲載されています。

また、「グループ機能」という、i2iポイントに登録しているユーザー同士でグループを結成してポイントを稼ぐ機能もあります。

その他、ジャパンネット銀行で換金すると500ポイントもらえたり、広告利用した案件の口コミを投稿するだけでも稼ぐことができます。

画期的なサービスを展開するポイントサイトを使いたい人におすすめです。


「i2iポイント」公式サイト

ハピタス

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
運営会社株式会社オズビジョン
ポイントレート1ポイント=1円
最低交換可能金額300円~
交換手数料無料~
交換可能上限1ヶ月につき30,000ポイント※銀行振込の場合
ポイント有効期限最後にポイントを取得した日より12ヶ月
(会員資格停止の可能性あり)
公式サイトURL http://hapitas.jp/
ハピタスは、何と言っても高い還元率が大きな特徴です。

提携ショップ数も多く、お買い物あんしん保証制度もあるので、ネットショッピングの機会が多い方には非常におすすめです。

また、「みんなdeポイント」という、さらにポイントがアップするキャンペーンも実施しています。

さらに、「ハピタス堂書店」はかなり高還元なので、本やCD、ブルーレイなどを購入する機会の多い方にもおすすめです。

広告の高還元率で選ぶなら、ハピタスで決まりでしょう。

「ハピタス」公式サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ポイントサイトのメリット・デメリットを徹底検証

ポイントサイトのメリット・デメリットを徹底検証

PeXに交換できるポイントサイトは?PeXを使うメリットってある?

PeXに交換できるポイントサイトは?PeXを使うメリットってある?

悪質なポイントサイトに要注意!絶対に使ってはいけないサイトは?

悪質なポイントサイトに要注意!絶対に使ってはいけないサイトは?

ポイントサイトとは?どういう仕組みになってるの?

ポイントサイトとは?どういう仕組みになってるの?

2ティア・3ティア制度(ダウン報酬)って何?

2ティア・3ティア制度(ダウン報酬)って何?

ポイントサイトに登録すると迷惑メールは来る?来ない?

ポイントサイトに登録すると迷惑メールは来る?来ない?